読者モデル

読者モデルオーディション写真の撮り方

読者モデルオーディション写真の撮り方

読者モデル当スタジオで撮影し読者モデルオーディションに通過、合格した方を見ると共通点があります。それは「撮影になれている感じがある」ことです。

そこで今回は読者モデルオーディション写真の撮り方について「そのコツ」をお話し致します。

モデル撮影はリズムを大切にしてポーズを変え、動きながら撮ることにより「しなやかな雰囲気」が表現できるようになります。読者モデルでも同様でポーズを少しずつ変えることにより様々なバリエーションが生まれてきます。

そしてそれを可能にしたのが本番撮影前のレッスンです。これは初めての撮影でも、笑顔が上手くできなくても、だんだんと上達してくる楽しいレッスンです。

バストアップ撮影のコツ

ポーズを変えるというと「難しい」感じがしますが、大きく動くわけではありませんので安心してください。微妙に顔の向きを変えることから始めていきますが、これはすぐに出来るようになります。そして次に自然な笑顔が生まれてくる練習を行い終了です。

この二つのことが出来るようになれば読者モデルの撮影現場に行っても「ものおじ」することなく堂々と撮影に臨むことが出来ます。

ご希望があれば全身撮影のレッスンも可能

上半身の撮影が上手になったらそれに合わせて全身のレッスンを行うこともできます。全身撮影のコツはポーズを覚えてしまうことです。これもカメラマンの指導のもとで行いますので段々出来るようになります。

当スタジオのカメラマンはモデル事務所の撮影依頼やタレント事務所の写真講師の経験もあるのでご安心頂けます。
--------------------------------------------------------------
広告
モデル、読モで合格を目指す「おすすめ」な写真スタジオ
--------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください